FC2ブログ
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
僕たち、私たちの経験者の声
スクール生から聞いたテニスの楽しさ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 未分類
伝わっているという大きな勘違い・・・。
DATE : 2010-11-17-Wed  Trackback 0  Comment 0
こんにちは久しぶりのアップです池田です。


先日のジュニアリーグ入れ替え戦

ゆうのすけVSひろきのライバル対決 決勝戦 

ゆりかのシングル初優勝  おめでとう

りょうは惜しくも負けてしまったがストイックな彼なら大丈夫!!
次回は万全な体調で挑んで欲しいですね


その日のレッスンで新しい練習メニューにとりかかった。
その中で私は
「サービスライン上でボールを打った時のみボレーに行っていい!!」
と言った。しかし何度もサービスライン手前からアプローチを打ってネットに行こうとする女子ジュニアがいた。私は何度も説明をして実演もして
「今日はこのルールの中でプレーをするんだ」
と言ったが結局彼女はルールを破ってしまった。私はそのプレーを見て怒号し彼女をレッスンから外した。しかし今までルールを守っていた違うジュニアも同じようなプレーをしたのだ。私は呆れたのと同時に不思議に思ったのでレッスンから外した彼女ともう一人のジュニアに問いかけた。
「今日の練習でボレーに出るのはいつ?」
彼女は「サービスライン上にボールが落ちたら」と答え
もう一人のジュニアは「サービスエリアに落ちたら」と答えた。
私は言葉が出なかった・・・。
これはジュニアに呆れた訳ではなく何度も説明したのに選手に正確に伝わっていなかったという事実に愕然とした。

伝わっているという大きな勘違い。
レッスン終了後にジュニア達と反省会をした。
彼等の意見を聞き私自身も成長しないといけないと気付いた1日だった。
伝えたが伝えたつもりになっていたことに気付けたのは本当に良かったと思っている。

一般でもジュニアでも全てのレッスンに共通して言える事なので
より簡潔に解り易く教えることが出来るように驕らず日々精進ですね。

スポンサーサイト
page top
CATEGORY : 未分類
ジュニアピヨピヨCUP!!!
DATE : 2010-11-05-Fri  Trackback 0  Comment 0
こんにちは。

先日11月3日(水)に行われたジュニアピヨピヨCUPの結果です。

今回はクラブ史上初のミディボールでの試合ということで、小学1年~4年生までの試合にまだ出たことがないジュニアを対象に開催しました選手の中にはまだテニス歴1年未満のジュニアも多く、慣れないセルフジャッジと初めて味わう緊張感の中頑張ってました

そもそも多くのエンジョイレベルのジュニアは、普段から球出しによるボールはうまく打てるけどなかなかラリーが続かないとか、レッスンでのラリー練習に割く時間が短いために試合にならないといった現状がほとんどだと思います。


ラリーが繋がるからこそテニスは面白い!というテニスの本質を選手・保護者の方々に味わってもらいたく企画しましたが、最初はサーブも入らない・ジャッジがあまりできてなかった選手が最後の方ではガッツポーズも見せて我々を楽しませてくれました


では早速、上位入賞者です!!!!

1位トーナメント

優勝   川崎 椋太(福岡パシフィックTA)
IMG_0192.jpg

準優勝  山本 未来(福岡パシフィックTA)
IMG_0193.jpg


2位トーナメント

優勝   馬場 大地(福岡パシフィックTA)
IMG_0190.jpg

準優勝  名村 樹哉(福岡パシフィックTA)
IMG_0191.jpg


3位トーナメント

優勝   安部 龍之介(フリー)

準優勝  植田 りょうた(春日公園TS)
IMG_0194.jpg


たったの1日で子供達は驚くほど成長します。しかしそのためにはたくさんの経験をさせ、多くの失敗をさせてさらに学んでいきます。保護者の方々も試合を観戦しながら子供達にアドバイスをしたかったシーンは山ほどあったと思います。それでもまずは一度失敗をさせて学ばせてあげてください。

決してサーブやストロークの技術も少ない選手達の、1球でも多く相手コートに返そうとする気持ちや転んでケガをしながらでもボールに飛びついていくプレーを見ながら、改めてテニスの本質・面白さを感じた一日でした。

遠いところから遥々来てくださったグランディールの選手の皆さんもありがとうございました。


また次回のご参加お待ちしてます
page top
Copyright © 2005 僕たち、私たちの経験者の声. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。